About

photo:内藤久義
photo:内藤久義

札幌生まれ。幼少よりモダンダンスを始める。お茶の水女子大学にて舞踊教育学を専攻。卒業後は牧野京子のもとで学び、ソロを中心に自らの身体と向かい合った作品作りを行う。”Edge”Yokohama solo duo competition2003横浜市芸術文化振興財団賞を受賞。以降日韓ダンスコンタクト、ネクストウェーブダンスなど横浜、東京、ソウルで作品発表を行なう。 2004年より文化庁在外派遣研修員としてパリで研修、2005年よりロンドンにてRussell Maliphant Companyのダンサーとして活動。 The Place Prize 2008のコミッションをうけて制作した作品”IchI”は好評をえた。2009年より神奈川と札幌を拠点に日本での活動をはじめる。

川崎市アートセンタークリエイションサポート事業対象アーティスト(平成2223年度継続支援)としてワークショップとダイアログから映像を制作するAMANOGAWAプロジェクトをたちあげ、現在も全国各地へ運ぶべく活動を続けている。

音楽家・美術家と劇場以外でのコラボレーションをしながら即興を作品に取り入れる試みを続けている。

 

指導者としては大学短大で身体表現教育に携わる他、子育て世代及びシニア向けワークショップ、中高生向けワークショップを展開、ダンスを一般へと広める活動を行っている。静岡舞台芸術センター(SPAC)のSPAC enfantプロジェクト“タカセの夢(初演時のタイトルはユメミルチカラ)”に2010年よりカメルーン人振付家メルランニヤカムの振付アシスタントとして参加している。

2016年より鳥取大学芸術文化センター講師。

踊子日記(http://saikino.blogspot.jp/

 

Saiko Kino  Dancer

Saiko Kino studied in dance education at Ochanomizu University in Tokyo under the direction of Kyoko Makino. In 2004, she was granted a fellowship by the Japanese government in the Overseas Study Program for Artists that allowed her to study in France with Jose Cazeneuve. From 2005 to 2009 she worked with the Russell Maliphant Company (UK) as a dancer and performed, “Transmission” and “Cast No Shadow” two highly recognized pieces. She toured throughout Europe and abroad; UK, France, Germany, Italy, Korea, the USA, etc. The basis of her technique covers a range of styles including improvisation, ballet, release technique, yoga, Tai Chi, and Feldencrais technique. She also experiments with African dance. Additionally, Saiko has collaborated with many improvisational musicians including Michiyo Yagi (on koto), Hugues Vincent (cello), Masahiko Ueji (piano), Noritaka Tanaka (drums), and others. She searches to find the border between composition and improvisation.

 

Saiko Kino  Choreographer

Born in Sapporo, Japan, Saiko Kino initially studied dance education. After graduating she spent time creating solos in collaborative pieces with musicians and visual artists. In 2003, Saiko received a prize from the prestigious Yokohama Art Foundation Prize in their Solo Duo Competition at Red Brick Hall. She continued to expand in her work as a choreographer.

In 2004, Saiko was granted a fellowship by the Japanese Overseas Study Program to study with the choreographer Jose Cazenueve in France.  After training under Russell Maliphant in the UK for several years, she got commission from the Place Prize for her first international collaboration piece, titled “IchI”. “IchI” was performed again at the Place’s theatre in London during “Spring Loaded at the Place 2009” and at the Dance Triennale Aoyama, Tokyo, in 2009.  

 

Saiko Kino  Facilitator

After earning her dance education degree, Saiko Kino worked in local Junior High and Senior High Schools as a physical education teacher. Returning from her period in Europe as a dancer in training, she continues this work at the university and college levels, and is interested in creating workshops that are available to both students and the wider public.

Saiko has started making community pieces that involve bringing together various partners. She also holds distinctive public workshops which are open to all participants. Her latest piece “Karatachikara” is a collaboration work with the Sugamo Church and their chorus group.

 

 

From 2010 onwards, she has worked with Merlin Nyakam (a Cameroon choreographer/dancer from France) in the role of choreographic assistant at the Shizuoka Performing Arts Center (SPAC).  

From 2016, Saiko belongs in Art center in Tottori Univ.

 

 

 

 


作品リスト

 ”Mobius"(2016)

    HOSPITALE 鳥取

    求道会館 東京

    Hamlin Park Theater シカゴ 

 出演 Chicago Moving Company

    森重靖宗(チェロ),横山祐太(トランペット),やぶくみこ(パーカッション)

    鳥取、東京、シカゴと三カ所にわたる作品制作。Chicago Moving Companyからの委託による。(supposed by Macaurthour Foundation, 芸術文化振興基金)

"ダンスハ體育ナリ”(2016,65min.)

初演 BankART NYK 3Cギャラリー(Dance archiveプロジェクト)

出演 林洋子、木野彩子

体育教師としての大野一雄に着目し、舞踊教育の変遷を映像、写真資料と共にレクチャーパフォーマンスとして発表する。

 

”フィボナッチの憂鬱”(2015,10min)

初演 スタジオgoo(ダンスのための6人)

”En attendant ,,,,,"(2015,20min)

初演 セッションハウス(カトルカール)

ゴドーを待ちながらにヒントを得て作成したしたソロ作品。2つの作品は同じ構造を持つ。2016年デュオ、トリオ作品に発展予定。

 

“静”(2014,45mi+開場時演技15min)

            初演 BankART studio NYK 3Cギャラリー(黒静)

 再演 BankART studio NYK 2Bギャラリー(Cafe live!の一環として。白静)

2012年に発表した“しづ”をもとに八木美知依(17絃箏、21絃箏、歌)と三浦あさ子(照明)とともに再構成フルレングスの作品として完成させた。巨大な倉庫空間に祈りの空間を浮かび上がらせる試み。その後白い空間での上演にあたり大幅な改訂を行い、2種類存在する。

 

“からたちから”2013, 60min

            初演 日本基督教団 巣鴨教会

 

2012年発表の“からたち”を1年半のリサーチとともに再構成した作品。木野の個人史よりも信仰とは何かをテーマにより深く問いかける。教会で活動するコールシャンティ混声合唱団に合唱と動きで参加していただく。

 

“Dance and Music"

札幌資料館(2013.1)

滝川市美術自然史館(2013.1) 杉吉貢「白い森黒い森」展

札幌レッドベリースタジオ(2013.10) ゲスト杉吉貢(墨絵、ライブペインティング)

Hugues Vincent(チェロ)、上地正彦(ピアノ)、中沢レイ(ダンス)との構造のある即興作りのためのトライアル。

 

”筒井筒”(20min)

ティアラこうとう小ホール(2013)

出演:ノブナガケン、木野彩子

 

"しづ"(20min)

初演:在外派遣研修員による公演@神奈川芸術劇場(KAAT)大スタジオ(2012)

振付(choreograph):木野彩子(Saiko Kino)

出演(performance):八木美知依(Michiyo Yagi 箏,KOTO)、木野彩子(Saiko Kino)

オリジナル照明プラン(lighting design):三浦あさ子(Asako Miura)

衣装(costume):宮村泉(Izumi Miyamura)

 

Piece

初演:横浜赤レンガ倉庫10周年記念 横浜ダンスコレクション2002−2012「10年10色」

出演者

音(sound):田中徳崇(Noritaka Tanaka)

光(light):戸井香織(Kaori Toi)

動き(dance):ウッフ(Oeuf)

振付(choreograph):木野彩子(Saiko Kino)

音、光、動き、その3つが出会うときそこになにかが生まれる。

何かが生まれる瞬間に立ち会うことを私は振り付けとよぶ。

 

 

“からたち”(1h)

Sentival!2012 at 巣鴨教会(1874年よりつづく現役教会)

巣鴨教会の歴史より発想を得た木野彩子のソロ作品(約45分)

AMANOGAWA プロジェクトの一部(約15分)

巣鴨教会牧師渡辺善忠さんが演奏するオルガンとの即興(5分)からなる。

自身の生き方、信仰と芸術について考えた作品。

 

”AMANOGAWAプロジェクト”

川崎市アートセンターで行ったワークショップと映像撮影プロジェクト。大震災をテーマに話し合い過程も作品の一部とするため、文章化したテキストと映像での発表となった。今後全国的に展開したいと考えている。

映像:427@FOTO、音楽:上地正彦

 

”Never let me go”(20min)

初演:川崎市アートセンターアルテリオ小劇場(2012)

再演:シアターX国際舞台芸術祭(2012)

川崎市アートセンターの協力により作成されたソロ作品。音楽:上地正彦

 

”1+1=3”(20min)

トライアル初演:川崎市アートセンターアルテリオ小劇場(2011)

音楽:田中徳崇(ドラム)、照明:三浦あさ子

 

”かめりあ”

初演:横浜赤レンガ倉庫1号館ホール(2010)

YRBWダンスプロジェクトvol3

2003年ダンスコレクション受賞者公演として森下真樹さんと共催で行われた公演。

7年のときを経て受賞作のリメイク”Edge"

小学生と60歳以上の祖父母世代からなるリコーダーグループ杉劇リコーダーずに振付けた作品”こどもたちのうまれるとき”、

記憶の曖昧になりつつある祖母との対話から生まれた作品”かめりあ”の3作品を通して「年を経る」ことについて考える公演。

 

”北海道札幌市中央区南6条西26丁目”(18min)

初演:JCDN踊りにいくぜ2009 札幌(コンカリーニョ)・佐世保(アルカス佐世保)

帰国後初めてとなる故郷での公演(30年以上の舞踊歴で初めての自作の発表)ということで、自己紹介のダンスを発表。その後「からたち」にて応用する。

 

“IchI”(15 min.→23min)

Place Prize 2008(LONDON)

上野天志(ダンサー)、Jackie Shemeshe(照明、イスラエル人)、針生康(セット)、Alies Sluiter(音楽、オーストラリア人)とのコラボレーション。

Spring loaded において改訂再演。at The Place theater (LONDON)

ダンサーは松本武史

ダンストリエンナーレ2009 at 青山円形劇場において改訂再演

ダンサーは上野天志、最終的に23分の作品となる。

 

“The three cornered world”( 18min.)

Resolution! 2008 at The Place theater (LONDON)

Dance box at Espace du curtier de Bertin Poiree( Paris)

Spring loaded at The Place theater (LONDON)

 

“No title or Angel’s bone”(5 min.)

Touch Wood 2007 at The Place theater (LONDON)

 

“OVO”(18min)

Yokohama solo duo competition 2007at 横浜赤レンガ倉庫一号館ホール

ダンスビエンナーレソウル2007at Seoul

Resolution! 2006 at The Place theater (LONDON)

 

“Jump for joy”(15min)

ダンスビエンナーレ東京2004show case at 青山劇場フリースペース

 

“静かに狂う”(1h)

ラボセレクション 2004 at 横浜 ST spot

 

“箱女”(18min)

Yokohama solo duo competition 2004 at 横浜赤レンガ倉庫一号館ホール

城戸晃一(映像)とのコラボレーション(舞台作品)

 

“KINOHAKONOKO”(1h)

at岡本太郎美術館

ヒグマ春夫(映像)とのコラボレーション(美術館でのパフォーマンスと展示)

 

“In the room”

Korea Japan dance contact 2003 at Seoul

鈴木伸明(音)溝口達也(美術)とのコラボレーション

 

AAPAとのコラボレーションとして2006年に別バージョンを発表  at  ZAIM

 

 

“Edge”(15min)

Yokohama solo duo competition 2003 at 横浜赤レンガ倉庫一号館ホール

横浜市芸術文化振興財団賞

Japan Korea dance contact at 青山円形劇場

Next wave dance Korea 2003 at Seoul

My works

”Mobius"(2016)

    HOSPITALE Tottori

    Kyudo Kaikan Tokyo

    Hamlin Park Theater Chicago (USA) 

 出演 Chicago Moving Company

    Yasumune Morishige(ce),Yuta Yokoyama(Tp),Kumiko Yabu(Per)

    Site specific work in 3 different type of spaces(Hospitale, Buddism Church, Theater)          Supported by Macaurthour Foundation, Arts council

"Is dance Physical Education?”(2016,65min.)

 BankART NYK 3C Garelly(Dance archive Project)

Dance:Yoko Hayashi, Saiko KINO

Lecture performance about history of dance education in Japan and life story about Kazoo Ohno.

 

”Melancholy of Fibonatch(2015,10min)

Studio goo(Six for dance)

”En attendant ,,,,,"(2015,20min)

Session house

 

“Shizuka”(2014)(45min, including 15min small improvisation before performance)

BankART Studio NYK 3C Garelly

Collaboration work with Michiyo Yagi ( 17,21strings Koto, song),Asako Miura(Lighting)

 

"Karatachi"(2012)"Karatachi kara"(2013)(60min)

Sugamo church

"Karatachi kara" is re-creation piece from "Karatachi".

Collaboration piece with Amanogawa project workshop and Sugamo church, Choir shantey chorus group.

 

"Dance and Music"

Sapporo Shiryokan (2012.1)

Takikawa Museum of art and nature( 2012.1) , Mitsugu Sugiyoshi Exhibition.

Sapporo red berry studio( 2012.10), collaboration with Mitsugu Sugiyoshi( Sumie live painting)

Trial about improvisation and composition.

Collaboration with Hugues Vincent( cello), Masahiko Ueji( Piano), Ray Nakazawa( Dance).

 

"Tsutsuitsutsu"(2013)(20min)

Tiara Koutou small theater.

Collaboration with Nobunaga Ken( Flame drum)

 

"Shizu"(2012)(20min)

Kanagawa art theater 

Collaboration with Michiyo Yagi( Koto) and Asako Miura( Lighting design),Izumi Miyamura( costume).

 

"Never let me go"(2012)(20min)

Theater X(2012)

Collaboration with Masahiko Ueji(Piano)

 

"AMANOGAWA Project"(2012)

Film piece , creation from workshop and dialogue.

https://sites.google.com/site/amanogawaproject/

Collaboration with 427@FOTO( film), Masahiko Ueji(compose).

Supported by Kawasaki art center(2012)

 

"1+1=3”(2011)(20min)

Kawasaki Art Center

Collaboration with Noritaka Tanaka (Drum) and Asako Miura( Lighting design)

 

"Camellia”(2010)(1h10min)

      YRBW dance project vol.3 Yokohama red brick warehouse(2010)

      Including 3 pieces ( We can perform separately but that is very connecting by dramatrug)

      “Edge” ( remake version.18min)

    “When Children are born”( community dance piece with SUGIGEKI ricorder group ,15min.)

    “Camellia” (30min)

 

“IchI”(15min to 23min)

The Place Prize 2008 ( London)

Collaborate with Jackie Shemesh( lighting),Shizuka Hariu ( Set) , Alies Sluiter( music),Takashi Ueno( dance)

 

Spring Loaded 2009 at the Place theatre ( London)18min version. 

Dancers were Takeshi Matsumoto, Saiko Kino

 

Dance Triennale Aoyama2009 (Tokyo)

Dancers were Takashi Ueno, Saiko Kino, Musicians were Chiyoko Uehara, Mariko Araki, Noritaka Tanaka

 

“The three cornered world”(18min)

Resolution! 2008 at The Place theater (London)

Danse Box at Espace culturel Bertin poiree (Paris)

Spring loaded at The Place theater(London)

 

“OVO”(18min)

Resolution! 2006 at The Place theater (London)

Yokohama soloduo competition 2007 at Red brick hall(Yokohama)

Dance Biennale Seoul 2006(Seoul)

 

“Jump for joy”(15min)

Dance Biennale TOKYO 2004 show case at Aoyama Free hall(Tokyo)

 

“Silent bomb”(1h)

Labo selection 2004 at ST spot (Yokohama)

 

“HAKO ONNA”(18min)

Yokohama solo duo competition 2004 at Red brick hall (Yokohama)

Collaborate with Koichi KIDO

 

“KINOHAKONOKO”(1h)

OKAMOTO TARO museum of art (Kawasaki),

Collaborate with HIGUMA Haruo

 

“In the room”

Korea Japan dance contact 2003 (Seoul)

Collaborate with Shinmei Suzuki(electric violin), Tatsuya MIZOGUCHI(artist)

 

“Edge”(15min)

Yokohama solo duo competition 2003 at Red brick hall (Yokohama)

Prize of Yokohama art foundation

Japan Korea dance contact at Aoyama round hall(Tokyo)

      Next wave dance Korea 2003 (Seoul)